こんにちは。

今回は日本語教師の求人情報の探し方を紹介します。


日本語教師の求人情報の探し方

日本語教師の仕事を探す方法は色々ありますが、以下の2つの方法が一般的な探し方です。

仕事の探し方
  1. 学校や大学から紹介してもらう
  2. 求人サイトから見つける

日本語教師養成講座を受けている人はその学校でいくつか学校を紹介してくれる場合があります。

私が通っていた「ヒューマンアカデミー」でも定期的に学校紹介をしてくれました。

しかし、受講生の数に対して、紹介してもらえる学校には限度があるので、自分で調べることも大切です。

そこで、今回は日本語学校を探すときに役立つ求人サイトを紹介します。



日本語教師求人サイト

1.日本村

日本語教師を目指す方なら、どこかで聞いたことがある人もいらっしゃるかもしれません。

養成講座の講師の方も紹介しているとても有名なサイトです。

実はこのサイトは台湾のサイトなのですが、日本語教師の求人が国内外問わずたくさんあります

日本語教師の仕事を探している方は、まずこのサイトをチェックすると良いでしょう。

2. 日本語オンライン

こちらもかなり有名なサイトです。国内、海外ともにかなりの求人があります。

また、求人だけでなく日本語教師のための研究会や学会の案内などもありますので定期的にチェックしておくと良いでしょう。

3. 日本語教師の集い

「日本村」、「日本語オンライン」の2つのサイトだけチェックすれば大体、気になる学校を見つけることができると思います。

しかし、この「日本語教師の集い」も求人数が多く、「日本村」、「日本語オンライン」にない求人もある場合があるので、見逃せません。

多くの学校をチェックしたいという方はこちらのサイトもチェックしておきましょう。

4. 日本語教育学会

大学で教えてみたいという方には、こちらの求人サイトがオススメです。

民間の日本語学校の求人もありますが、大学の求人が他のサイトに比べ多いです。

ただし、大学で教える場合は修士以上でないとダメな場合が多いので、応募条件をしっかりとチェックしましょう。

このサイトには基本的に信頼できる学校しか掲載されないので、他サイトで見つけた学校がこのサイトに掲載されているかチェックしてみてもいいかもしれませんね。

5. 国際日本語研修協会 (IJEC)

国際日本語研修協会が運営する求人サイトです。

他サイトにない求人が出ていることもたまにあるので、他サイトで気になる学校が見つからなかった場合にチェックするといいかもしれません。

6. 日本語教師ジョブ

国内の日本語学校の求人に特化したサイトです。

2017年に立ち上がったサイトで、まだ求人数はそれほど多くありませんが、優良校の求人がたくさんあるので、国内で日本語教師として働きたい方はチェックしておくと良いと思います。

7. 国際交流基金


国際交流基金の「採用情報」ページで、日本語の専門家や事務職の募集などがあります。

専門家は修士以上の方対象ですが、専門家の助手のポジションは学士の方でも応募可能なので、国際交流基金でん日本語教育に携わってみたいという方はチャレンジしてみてください。

ただし、選考の際に筆記試験がありますので、しっかりと勉強しておきましょう。

8. 国際交流基金 日本語パートナーズ 

国際交流基金が2014年から始めた新しい事業です。

日本人を東南アジアの国、台湾へ派遣して、現地の学校で、現地の先生と一緒に日本語を教えたり、日本文化を紹介して、日本のファンを増やそうというプロジェクトです。

この仕事はあくまでも日本人として現地へ行き、日本のファンを増やすというのがミッションなので、本格的に日本語教師として働くわけではありません。

ですが、現地の日本語教育に携われることは貴重な機会なので、日本語教師になる前に一度挑戦してみるのもいいと思います。

9. 青年海外協力隊 - JICAボランティア

JICAボランティアのお仕事の1つに日本語教師があります。

国の手厚いサポートがあるので、安心して現地で活動することができるでしょう。

派遣前には現地の言葉を勉強したり、日本語教師の研修を受けることができるので、かなり待遇がいいです。

ですから、経験が浅い方でも安心して働くことができますね。

将来、海外で日本語を教えてみたいという方にはオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は日本語教師の求人情報の探し方を紹介しました。

今回はたくさんの求人サイトを紹介しましたが、それでも気になる学校が見つからない場合もあるかと思います。

その場合は、GoogleやYahooなどの検索エンジンで「日本語教師 求人」と検索したり、Facebookで「Japanese language (国名)」で検索すると、求人サイトには無い情報が見つかるかもしれません。

気になる学校、行きたい学校を探すのは大変かもしれませんが、入ってから「あれ、イメージと違った」、「待遇が悪すぎて最悪!」とならないようにしっかりと調べて応募しましょう。

スポンサーリンク