みなさん、日本語学習が毎年、受験するテスト「JLPT」ってご存知ですか。

今回はこのJLPTについて紹介します。


JLPTとは?

JLTPは"Japanese Language Proficiency Test"の略称で日本語では「日本語能力試験」と言います。

このテストでは日本語を母語としない人の日本語能力を測定するために毎年7月と12月に国際交流基金日本国際教育支援協会が共催で実施しています。

1984年から開始されたこのテストですが、当時は7000人ほどの受験者しかいませんでした。しかし、日本語学習者の増加とともに、今では毎年、数百万人もの人が受験しています。

試験開催地は日本国内のみ47都道府県のみならず、今では世界80カ国で行われ、かなり規模が大きくなってきています。

学習者の受験理由は進学のため、就職のため、スキルアップのためなど様々です。

JLPTの5つのレベル

JLPTは難易度に応じて5つのレベルに分類されます。

一番やさしいレベルがN5一番難しいレベルがN1です。

それぞれの試験を合格するために必要な日本語のレベルは、以下のように「認定の目安」として公式サイトに書かれています。

N3レベルの日本語能力があれば、日常的な会話には困らず、日本で日本語を使って生活できるレベルです。将来、日本で仕事をしたいという人はN2やN1レベル相当の日本語運用能力が必要です。

レベル
認定にんてい目安めやす
かくレベルの認定にんてい目安めやすを【む】【く】という言語行動げんごこうどうあらわします。それぞれのレベルには、これらの言語行動げんごこうどう実現じつげんするための言語知識げんごちしき必要ひつようです。
N1

幅広はばひろ場面ばめん使つかわれる日本語にほんご理解りかいすることができる

読む(よむ)
  • 幅広はばひろ話題わだいについてかれた新聞しんぶん論説ろんせつ評論ひょうろんなど、論理的ろんりてきにやや複雑ふくざつ文章ぶんしょう抽象度ちゅうしょうどたか文章ぶんしょうなどをんで、文章ぶんしょう構成こうせい内容ないよう理解りかいすることができる。
  • ・さまざまな話題わだい内容ないようふかみのあるものんで、はなしながれや詳細しょうさい表現ひょうげん意図いと理解りかいすることができる。
聞く(きく)
  • 幅広はばひろ場面ばめんにおいて自然しぜんなスピードの、まとまりのある会話かいわやニュース、講義こうぎいて、はなしながれや内容ないよう登場人物とうじょうじんぶつ関係かんけい内容ないよう論理構成ろんりこうせいなどを詳細しょうさい理解りかいしたり、要旨ようし把握はあくしたりすることができる。
N2

日常的にちじょうてき場面ばめん使つかわれる日本語にほんご理解りかいくわえ、より幅広はばひろ場面ばめん使つかわれる日本語にほんごをある程度ていど理解りかいすることができる

読む(よむ)
  • 幅広はばひろ話題わだいについてかれた新聞しんぶん雑誌ざっし記事きじ解説かいせつ平易へいい評論ひょうろんなど、論旨ろんし明快めいかい文章ぶんしょうんで文章ぶんしょう内容ないよう理解りかいすることができる。
  • 一般的いっぱんてき話題わだいかんするものんで、はなしながれや表現ひょうげん意図いと理解りかいすることができる。
聞く(きく)
  • 日常的にちじょうてき場面ばめんくわえて幅広はばひろ場面ばめんで、自然しぜんちかいスピードの、まとまりのある会話かいわやニュースをいて、はなしながれや内容ないよう登場人物とうじょうじんぶつ関係かんけい理解りかいしたり、要旨ようし把握はあくしたりすることができる。
N3

日常的にちじょうてき場面ばめん使つかわれる日本語にほんごをある程度ていど理解りかいすることができる

読む(よむ)
  • 日常的にちじょうてき話題わだいについてかれた具体的ぐたいてき内容ないようあらわ文章ぶんしょうを、んで理解りかいすることができる。
  • 新聞しんぶん見出みだしなどから情報じょうほう概要がいようをつかむことができる。
  • 日常的にちじょうてき場面ばめんにする範囲はんい難易度なんいどがややたか文章ぶんしょうは、表現ひょうげんあたえられれば、要旨ようし理解りかいすることができる。
聞く(きく)
  • 日常的にちじょうてき場面ばめんで、やや自然しぜんちかいスピードのまとまりのある会話かいわいて、はなし具体的ぐたいてき内容ないよう登場人物とうじょうじんぶつ関係かんけいなどとあわせてほぼ理解りかいできる。
N4

基本的きほんてき日本語にほんご理解りかいすることができる

読む(よむ)
  • 基本的きほんてき語彙ごい漢字かんじ使つかってかれた日常生活にちじょうせいかつなかでも身近みぢか話題わだい文章ぶんしょうを、んで理解りかいすることができる。
聞く(きく)
  • 日常的にちじょうてき場面ばめんで、ややゆっくりとはなされる会話かいわであれば、内容ないようがほぼ理解りかいできる。
N5

基本的きほんてき日本語にほんごをある程度ていど理解りかいすることができる

読む(よむ)
  • ・ひらがなやカタカナ、日常生活にちじょうせいかつもちいられる基本的きほんてき漢字かんじかれた定型的ていけいてき語句ごくぶん文章ぶんしょうんで理解りかいすることができる。
聞く(きく)
  • 教室きょうしつや、まわりなど、日常生活にちじょうせいかつなかでもよく出会であ場面ばめんで、ゆっくりはなされるみじか会話かいわであれば、必要ひつよう情報じょうほうることができる。

出典:https://www.jlpt.jp/about/levelsummary.html



JLPTの試験項目は?

試験科目と時間は以下のようになります。

JLPTのレベル試験科目
N1言語知識文字語彙文法)・読解
110分
聴解

60
N2言語知識文字語彙文法)・読解
105分
聴解

50分
N3言語知識文字語彙
30分
言語知識(文法)・読解
70分
聴解

40分
N4言語知識文字語彙
30分
言語知識(文法)・読解
60分
聴解

35分
N5言語知識文字語彙
25分
言語知識(文法)・読解
50分
聴解

30分

試験は全てマーク式です。

言語知識(文字・語彙)では漢字の読み方・書き方として正しいものを選ばせたり、空欄に入る言葉などを選ぶ問題があります。

文法の問題では、正しい文法を選ばせたり、文章の並べ変え問題などがあります。

上の表からわかる通り、テストのレベルがごとに試験時間も長くなっています。また、N1とN2では、言語知識と読解が1つの試験になっています。

JLPTの問題点

JLPTは日本語学習者の日本語能力を測定するためのテストですが、この試験では会話の試験がありません

ですから、スピーキングの能力を測ることができないので、中にはJLPTに合格したけど会話が全くできないという学習者も多いです。

特に海外では、あまり日本語能力が高くない現地の先生が日本語を教えて学校も多く、間接法で文法中心に教えている学校も多数あるので、そういった学校では、どうしても会話のトレーニングが疎かになってしまったり、JLPTに合格するための勉強ばかりになってしまうこともあります。

一人一人の会話テストをするのは、さすがに人数が多すぎるため不可能ですが、何かしらの対策が必要だと思います。

さいごに

今回は日本語学習者が受けるテスト「JLPT」の紹介をしました。

JLPTというものがどういった試験なのかわかりましたか。

日本語教師の方は、JLPTを受験することはありませんが、日本語を教えることになるので、JLPTがどういったものなのか、それぞれのレベルでの日本語能力はどのようなものなのか、把握しておく必要があります。

知らなかったという人は、ざっくりでいいので概要を理解しておきましょう。

なお、実際に試験問題を見てみたいという方は公式問題集も出版されているので、こちらの本をチェックしてみてください。

スポンサーリンク