今回は日本語教師になりたい人は大学を卒業した方が良いのか?高卒でも日本語教師になれるのかというテーマでお話しします。


日本語教師になるために大学を卒業する必要はない?

日本語教師になるために必要な資格まとめ」で書きましたが、日本語教師になるために条件に「大学を卒業していること」を挙げている学校は少ないです。

ですから、基本的には養成講座で420時間コースを修了していたり、日本語教育能力検定試験に合格している場合は、大卒でなくても、日本語教師の求人に応募することが可能です。

しかし、「将来は海外で日本語を教えてみたい」という人であれば、大学を卒業しておいた方がいいです。

というのも、海外の日本語学校で働く場合には、その国でワーキングビザを取得する必要があり、そのビザを取るための条件として、大卒の資格が必要だからです。

国内でずっと働く予定の方は、大卒である必要はありませんが、もし将来海外での勤務を考えているのであれば、大学を卒業しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、国内の日本語学校でも大卒の方が好ましいと考えている学校もあるので、特別な理由がないのであれば、私個人としても大学を卒業しておいた方が良いと思います。

スポンサーリンク